医療脱毛【アイエスクリニック】

全身脱毛 医療 脱毛器

全身脱毛が安くなってきている理由に脱毛器の進歩があります。ここではいろんな脱毛器の特徴とメリットデメリットをあげていきます。

まず、脱毛器で脱毛できる仕組みですが、レーザーのなかでもメラニンに反応する光を使って毛に熱をあたえ、まわりの細胞を破壊する。これが大前提です。従来の脱毛では、毛根の一番下毛母細胞を破壊します。最新のSHRとか蓄熱式といわれる脱毛器では、毛に栄養を送っているとされるバルジ領域といわれる部分を破壊します。

毛母細胞は毛穴の一番下にありますが、バルジ領域は毛穴の上の方、皮脂腺の下あたりになります。このためバルジ領域を狙ったレーザーは従来のものほど出力をあげる必要がありません。

また、毛母細胞は毛穴の一番底にあるので、毛が成長期にあるときにしか破壊できません。毛がない休止期や退行期といって、毛が浮いている状態だと毛に熱を加えても毛母細胞にとどきませんよね。それで毛周期にあわせて複数回レーザーをあてる必要があるんです。だいたい成長期にある毛は全体の20%といわれています。

それに対してバルジ領域を狙った場合は、毛が退行期であっても効果がえられます。また毛が細い産毛でも効果がでやすいといわれています。ただし白髪の場合は効果はありません。バルジ領域を破壊するにもメラニンを使って熱を伝える仕組みはかわらないからです。

なお、蓄熱式と呼ばれるのは、弱いレーザーを複数回あてて徐々に熱をあげる仕組みだからです。複数回といっても機械が制御しているので時間的には一瞬です。蓄熱式の脱毛器の動画がいくつかクリニックで公開されていますが、施術はジェルを塗ってすべらすようにおこなわれます。だから早いのですね。

従来の脱毛器の場合、照射口が丸くて小さい(最新型に比べて)なので、どうしても時間がかかるのと照射漏れの可能性がありますが、最新式のものは照射口が広く、照射ミスがおきにくいので施術時間が大幅に短縮されたわけです。

痛みについては、従来の脱毛器は「輪ゴムでパチンとはじかれたような痛み」と表現されることが多いですが、蓄熱式は「熱い飲み物が入ったマグカップを当てたような感じ」と表現されます。蓄熱式で痛みがあったという口コミは1つだけありましたが、「じわじわきて最後あつって思った」となっていましたから、逆に長い時間照射しないことがコツなんでしょう。施術時間が短いわけです。

ここまで書いていると、もう絶対最新式がいい!って思えてくるんですが、最後に注意したいのは脱毛効果です。蓄熱式は導入されて2年ほどなので、まだ口コミが少ないです。

また、蓄熱式は一般的に効果でるのが遅いです。バルジ領域を破壊すると毛に栄養がいかなくなりますが、今生えている毛は自然にぬけるまで居座りますから、効果出るのが遅いのは納得です。しかし、効果が遅いと困るという人もいますよね。

脱毛完了した人がどのくらい通って、何年か後も生えてこないのかなどはわかりません。研究成果をもとに開発され医療機関で使われている脱毛器なので効果がない心配はまずないと思いますが、実績重視なら従来の脱毛器を選ぶという方法もあります。

従来の脱毛器でも痛みを軽減するために様々な工夫をしています。口コミで効果が高いといわれているのがジェントルレーズプロ。冷却装置がついているのでジェルをぬることなく施術できます。冷却してからレーザーを照射して痛みを軽減します。プロになって照射回数が1秒間に2回と倍になりました。照射口は円形で、ショット式です。

もう一つ、広く普及しているのがライトシェアデュエット。ジェントルレーズプロよりちょっとだけ波長が長いです。そのため皮膚のメラニンに反応しにくく、少しの日焼けのある肌にも照射可能となります。
痛み軽減のため肌を吸引してレーザーを照射します。吸引によってよりレーザーが毛穴に届きやすくするという効果もあります。冷却装置もついて、二つの仕組みで痛みを軽減しています。照射口は四角で照射漏れがおきにくい構造です。もう一つの小さな照射口があり、こちらで細かい部位にも照射できるようになっています。
ただ、口コミをみると、痛み対策としての評判はそれほどでもないような気がしました。

痛みが心配なら間違いなく蓄熱式の脱毛器を選ぶのがよいと思います。ただし、クリニックによっては脱毛器を選べないところがあります。これは最新式の脱毛器で人を呼んで契約させようというのではなく(笑)個人の肌の状態や毛量をみて、最適な脱毛器を選んでいるためです。”痛みに耐えられるか”だけは診察ではわかりませんから、カウンセリングや医師の診察のとき伝える必要があります。

ホームページにのせていなくても、いろんな種類の脱毛器を使い分けているクリニックが多いので、カウンセリングのとき確認してください。

脱毛器の特徴をまとめた表です。

脱毛器 種類 波長 ジェル 冷却 照射口 照射方法 その他
ジェントルレーズプロ HR
(ワンショット式)
波長は1種類(755mm) なし あり
(-26℃)
円形 ワンショットして移動  
ライトシェア・デュエット HR
(ワンショット式)
波長は1種類(810㎜) なし あり 四角(大・小あり) ワンショットして移動  
メディオスターNextPro SHR(蓄熱式) 2種類の波長を同時に照射(810 nm,940 nm) あり 不明 四角 滑らす  
ソプラノアイスプラチナム SHR(蓄熱式) 3種類の波長を同時に照射(755nm,810nm,1064nm) あり あり
(不明)
四角 滑らす 熱量がみえるので安全性が高い

波長は、長いほど肌の奥まで届くと思えばいいです。毛穴の深さっていろいろなので、届いていないと当然毛母細胞は破壊できないです。クリニックが脱毛器を使い分けるのはそんな理由もあるんですね。

最新の脱毛器が複数の波長のレーザーを一度に照射するのは、いろんな深さの毛に一度で効果をだすため。それで脱毛期間が短いと宣伝しているクリニックがあるんですね。

クリニックによってはこの名前でなく、独自の愛称をつけている場合があります。疑問におもったらカウンセリングで質問してみましょう。

プロフィール:

脱毛は脇だけ済ませたアオコです。最初は脇のお手入れがいらないなら十分楽になる!って思ったんですが・・・やっぱり脚もやりたいし、VIOもやりたいし、顔も・・・全身脱毛にしといて、後で気になるパーツだけやればよかった。

色素沈着しているとレーザー脱毛で断られたり、先に美白治療をすすめられるそうです。

脱毛始めるまでは、これでしのいでおこう♪

© 2018 全身脱毛 rss